ベトナムにおける就職状況

ベトナムでは、多くの大学生の就職活動というのは大学を卒業してから開始することが多い。大学卒業証明書を取得しないと、就職書類が提出できないが理由となっている。そのため、大学卒業してから無駄な時間をしないように早めに就職先を見付けるようにする。就職サイトに登録し、新聞の求人欄を確認する。そして、企業に履歴書を送り、就職先の試験を受ける。企業の採用条件などにより、就職をしながら語学や仕事に必要な知識・資格などを勉強する。また卒業前にインターンシップとして、就職したい会社や就職したい会社と同業種の会社で働くこともある。

こういった学生が多いものの、実際は高い経済成長率を誇るベトナムであっても、高学歴の若者たちがその知識や資格を生かし、自ら納得する”より良い職”を見付けるのはそう簡単ではないようである。

ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!

現在、若年人口が多く、高学歴化がさらに進み、更にここに来て景気低迷で企業の採用人数が減少し、就職状況が厳しくなっている。良い大学を出ても、就職先が見つからない学生が徐々に増えてきている。せっかく高等教育機関や大学教育を受けたにもかかわらず、現実のベトナム人若者たちは、日々より良い就職先を求めて必死のようである。

ベトナムにおいて、大学及び勤務地と言うと首都であるハノイか経済的な中心地であるホーチミンになることが多い。そのため、地方からハノイやホーチミンという都会に来た学生たちは大学を卒業してから地元に戻らず、大学のあるハノイかホーチミン市で仕事を必死に探すことになる。もちろん、ハノイ又はホーチミン市における企業、特に外資系企業は地方における企業より給料が高く、昇進チャンスがあるのも大学を卒業した若者が地方である地元に帰らない理由になっている。

ハノイ又はホーチミン市にある大学の学生と比べて、地方の大学を卒業した学生の就職状況は厳しいようである。一つは地方には若者が働きたくなるような給料の高い仕事はないため、ハノイやホーチミンへ来て就職活動を始める人が多い。

優秀な成績を修めて大学を卒業している学生なら大学又は教授からの紹介があるので仕事を見つけやすいが、それ以外の大多数の若者は自分自身の力で企業を探し応募しないといけない。また大学を卒業したため、親に面倒をかけないようにと、多くの地方大学出身の若者は飲食店や家庭教師などのアルバイトをしながら就職活動をしている。

一方、ハノイかホーチミン市の大学出身の学生は経済的な面がある程度余裕があ流ことが多い。また親からの知り合いで仕事の紹介などもあるため、仕事が見つらないと大学院に進学することもある。

就職は大変だが、明るい未来に向けてベトナムの若者たちは一生懸命に頑張っている。

女性・ベトナムへの就職

東南アジア(ASEAN)と同じく、ベトナムでは、多くの女性達が働いており、いろいろな場所でベトナム社会の大きな役割を担っている。

その理由は下記のようになる。

家族全員で子育てする文化

ベトナム人の女性は、日本人の女性と違って、結婚・出産を経験してもほとんどの女性が仕事を辞めずに働き続ける。

産前に休暇をとることは「欠勤扱い」となり、給料が減額されますが、産後の4ヶ月~6ヶ月は、給料が保障される休暇を取ることが可能である。そのため、出産ギリギリまで働き、給料が保障された産後の休暇が終わると、すぐに職場に復帰する女性がほとんどである。

☆国際結婚☆ベトナム☆ハノイ生活☆

そんな状況でもベトナム人女性が育児をしながら働き続けられるのには、家族との結び付きが非常に強いためだと考えられる。ベトナムには日本のような核家族は、あまり多くないという社会背景がある。

ベトナムは、血縁や地縁をものすごく大切にする傾向にあり、「仕事よりも家族」という風潮がある。0歳児を預かってくれる保育施設がほぼないなど、育児に対する政府や行政からの支援は十分ではないものの、一緒に住む祖父母や近所の人からのサポートによって働く女性の子育てが成り立っているようである。更に、最近ベビーシッターの利用が流行っていることも頷けます。

ベトナム人の女性において「仕事と子育ての両立」はどうかというと、これは全く問題になっていない。

働くのは当たり前という意識

日本と大きく異なるところは、ベトナムが社会主義国家であるということである。労働は国民全体の義務となっていることから、男女ともに国民全員が「働く」という意識が根付いているのである。

そのため、日本のような「家事・育児は女性の仕事」というような固定概念はなく、血縁や地縁に頼れない場合は、ベビーシッターやヘルパーを雇うのは当たり前のこととなっている。

日本で働く女性とベトナムで働く女性の背景には、それぞれの国の文化の差があります。ベトナムにおいて、ベトナムの「働く」という文化や血縁・地縁の援助があるという背景から、女性の社会進出に大きな影響を及ぼしていることである。

これらをまとめると、ベトナムの女性が働く社会的な図式は、日本よりも働く女性に寛容という図式というよりは、「働くことが当たり前の社会」が国を含めて文化的にも形成されているようである。

将来のワークライフバランスに悩む女性は、ベトナムでの就職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

大学生から社会人へ(ベトナム就職の状況)

ベトナムにおける大学生の就職について説明していきます。2010年の統計データによると、大学新卒での就職率は約80%ということである。

ところで、この就職できなかった残りの約20%は、その後どうなるのだろうか。

ベトナム人学生にヒアリング調査結果によると、半数の学生が大学院へ進学し、残る半数の学生がアルバイトをしながら就職活動をするということである。
ベトナムにおける就職活動は、日本の就職活動と同じ形式ではない。

MAIインターナショナル ベトナム市場調査

基本的には、大学生の間は勉強し、卒業してから仕事を探す。

もっとも例外はあるものであり、在学中に日本の就職活動と同じようなことをしている事例もあるし、大学に籍だけ置いた状態にしてフルタイムに近い労働(インターンシップなど)を行いつつ、転職活動をしているという事例もある。
ベトナムの学生は、どのようにして就職すべき会社を見つけるのだろうか、次のように説明する。
1.大学の紹介・当大学への就職
優秀な学生は大学の学生課から企業に紹介または、当大学で採用することが多い。しかし、これはトップの学生のみが対象で、全学生の1%から2%くらいである。
2.教授の紹介
理系の学生の1%程度はこの方法で就職するが、理系の学生は学生全体の40%なので、全学生になると約4%がこの方法ということになる。
3.試験(公務員試験や資格試験など)
国営企業や外国企業はこの方法を求めるため、学生は試験のスコアを取るのに熱心である。
なぜなら、コネで就職先を紹介されたとしても、学歴や外国語能力や資格試験のスコアでスクリーニングされるからである。
外国に留学した学生は外国企業の就職は比較的に試験を通りやすい。語学の得意と外国に住んでいる多文化の経験によりいい企業に就職出来る。そのため、高校卒業後、留学する学生の数が増加傾向にある。

4.インターン
大学3年生から4年生のころに学生課の紹介より、学生の全員がインターンシップを行う。学生の希望により適切な企業を紹介する。ただし、インターンシップと就職は全く関係がない。
インターン先の企業に就職したい場合、その企業の採用状況を確認し、インターン期間中に自分の希望動機や能力を熱心にPRする必要がある。
4.コネ
学生の約25%ぐらいはこれにより就職するようである。ただし、この場合のコネとは、友人の紹介も入る。能力がない学生は入れないため、会社に入る前に、語学力や基礎的な機能を学習する必要がある。

Copyright ベトナムへ帰ってきた男のブログ 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner