ベトナムでは残業ほとんどなし

ベトナムでは、残業をほぼしない。特にオフィスだとその傾向が強いようだ。

18時終業だと、18時30分にはオフィスにはベトナム人スタッフが誰も残っていないということが一般的である。ましてやこれが土日出勤とかになると理解できないようである。仕事や会社勤めに対する意識は欧米系の発想と近いものがある。

従い、最近日本でも減ってきてはいるようだが、残業や土日出勤当たり前となっている日系企業にとってはこの感覚を理解するまでに非常に時間がかかるようである。ベトナム人のこのような感覚は、社会主義国家であることも一因のようだ。

なぜ残業や土日出勤をベトナム人が嫌うのか?

ベトナムでは、民間企業が登場したのはドイモイ政策が導入された1985年以降であり、それまではベトナム人就く職業といえば公務員もしくは商店主か農民であった。企業に勤める「サラリーマン」という労働形態は、本当にここ最近の20年間くらいである。

ベトナム人材紹介 日本人求人情報を確認してみよう

そのため、特に年配のベトナム人にとっては、サラリーマン自体がよく分からないようである。仕事が終わって、夕食までには帰るのは当たり前のことであり、残業とか土日出勤なんかするはずないと考えているからである

次の理由は、ベトナム人の生活スタイルである。一般的に、夜7時には家族そろって夕食を開始し、その後は一家団欒といったことも理由にあげられる。

またベトナムでは、女性は結婚し子供が出来ても仕事を続けることがほとんどである。会社を終わると子供を学校へ迎えに行き、夕食を作ることなどで残業が出来ない状況である。

ベトナム人にとっても人生の中で最も重要なものは明らかに「家族」である。そのため、家庭の事情があれば、それは仕事よりも優先されるべきものと考えるのがこの国では普通である。また家庭によっては、夕飯までに帰らないと「貴方は家族を愛してないの?」と奥さんから叱られると聞いたこともある。また、比較的新しい就職口を探しやすいのも一因かもしれない。

更に、法律的には企業に対して時間外労働が厳しくされている。時間外労働は、最長1日の勤務時間の50%を超えることはできない。例えば8時間労働の場合は、1日4時間までが可能な残業となる。また、1カ月で30時間、年間200時間以下でなければならない。時間外労働をさせた場合には、会社は労働者に対して通常の賃金に加え割増賃金を支払わなければならない。時間外労働の対価として、支払う割増賃金は高額であり、通常の労働日の150%で、週休日の場合だと200%で、法定祝日及び有給休暇中の労働は300%となっている。残業などの勤務時間外の労働に対する手当ては高く、企業の負担になってしまうため、各企業では残業なしを前提で、効率的なオペレーションが求められる。

 

外資系企業で働く場合

ベトナム人の国立大学新卒の給与水準は300ドルから500ドルである。英語や日本語などの外国語を駆使する職業でもせいぜい400ドルから700ドルとなっている。30歳前後の場合は700ドルから1200ドル程度となっている。しかし、これらの給与はあくまでも国立大学卒業者に限定したものです。また都市部(ホーチミンやハノイ)に限られたことである。国立大学以外の大学卒業者だったり、大学を卒業していない方だったりすると、これらの給与水準より遥かに下回ることが多い。

ベトナムの大学一覧

また都市部郊外の工場のワーカークラスになると、最低賃金約170ドルを下回ることもある。

しかし、世界的に見ても給与水準が低いながらもダイナミックに発展するベトナム(ホーチミン・ハノイ)には非常に多くの日本企業および外資系企業が進出している。

中心となるのが製造業である。それ以外に商社、IT業、物流、サービス業など多種多様な企業がある。ただ、金融、不動産業に関しては、外資規制が厳しく外国の企業が参入するのが難しくなっており、進出する企業はまだまだ少ない傾向である。

ベトナムで求められる人材

現在、一番求められているのは製造業の営業職である。5年程前まではコスト削減の為だけにベトナムに工場を構えていた外資系企業でしたが、国が豊かになってき始めたベトナム国内を消費マーケットとしてとらえ、製造のみだけでなくローカル対象の販売にも力を入れ始めました。

特にバイク、自動車、白物家電は日系メーカーが圧倒的な人気を誇っている。仕事内容は、現地の日系企業を中心にローカル企業、外資系企業などを含めてルートセールスを行い、製品を販売する仕事である。日本語での商談がメインになるが、ベトナム人やその他の国の人とは英語もしくはベトナム語で商談するケースもある。また、同じく製造業での現場でベトナム人スタッフの管理業務の仕事も多くある。

次いで多いのがIT業である。他の東南アジア諸国と比べて、ベトナムのIT業はかなり盛んでいる。ベトナム人が、この業種に就くためには、ITシステム関係の学部を卒業している必要があり、業務は英語の場合が多いため、一緒に働く日本人にも英語力が必要である。

求人の件数は、企業数の多さから、ホーチミンが多いが、ハノイにもそれなりの数がある。

語学に関する要件は他の東南アジア国と比べて低い傾向があり、ベトナムで仕事する場合、業務上最低限必要な事を英語で伝えられれば大丈夫であり、TOEICでの目安は600点以上である。

求職者募集のある年齢層は、どの国でも同じ。20代後半から30代前半の募集が一番多く、次いで、新卒・第二新卒の20代前半、30代後半以上のハイスペック人材となっている。

ベトナム人女性は、よく働く

ベトナムでは、ベトナム人女性は勤勉で良く働くといわれています。

一般的な会社における男女比は半数もしくは半数以上が女性で、中でも女性が多い会社になると男女比は95%くらいになることもある。そのうち30%~40%は結婚して子供を産んでいる女性も含まれる。さらに、ほとんどのベトナム人女性はフルタイムで働いている。日本では女性は結婚して子供ができたらほとんどの人が会社を辞めて、また子供が少し大きくなればパートなどに出るというのが一般的に多いのではないだろうか。

このように女性の社会進出が進んでいるベトナムでは、女性が社会的な要職に就く割合は高い。例えば、ベトナムの女性国会議員の割合は26%(この割合は、日本よりも多く。ちなみに日本は半数にも満たない約12%である)、会社役員や管理職に就くベトナム人女性の割合は22%、ベトナム人女性のうち、専門職や技術職についている割合は51%となっている。また、男性と比較した女性の収入比は69%となっており、ベトナム人女性が家計においても重要な役割を占めていることがわかる。

ベトナム人女性は彼女におすすめ。付き合うべき5つの理由

では、ベトナムの社会がそれほど女性に働きやすい環境か?

産休は最大6ヶ月で、民間企業になると、この産休はもっと少ないようである。また、育休制度もない。日本と比べても、育児においては、かなり厳しいと思われる働く環境である。

それなのに、こんなにも既婚女性が働いているのはなぜだろう?

  1. ベトナム人女性の活躍はベトナムの歴史的、文化的な背景にも関係があり、女性も家庭を守るという考えが強い。このことから働くのが当たり前という考えである。
  2. 核家族が少ない。両親と住んでいることが多く、家事や子育てを手伝ってもらえることによって、安心して仕事ができる。
  3. ベビーシッターさん及びお手伝いさんを利用する考えが浸透している。

日本では、あまり耳にすることもないですし使われていることも聞きませんが、ベトナムでは中級階層の家になるとベビーシッターを利用する家庭が多い。ベビーシッターを利用し、奥さんも社会的に独立しており、旦那さん、子供とも、とてもいい関係を築いているのをよく見られる。

このように社会で活躍し、収入も多いベトナム人女性はお洒落なことでも有名である。実際、ベトナム人女性会社員(OL)の中には、月収の10%~20%を美容関係(スパやエステ、化粧品など)につぎ込む例も多く見られる。そのためか、街中には女性向けの美容関連ショップが多い。

Copyright ベトナムへ帰ってきた男のブログ 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner