ベトナムIT職業について

他の東南アジア諸国と同様に、ベトナムは国策でIT産業を振興しており、近年、ハノイ及びホーチミン市で多くのIT系の会社が設立されている。またダナンにはIT系企業を集めたソフトウェパークなるものが作られた。

ベトナムにあるIT系企業の多くは、ベトナム国内の業務及び日本又は欧米からのオフショア開発の仕事を受けている。こういった企業は東南アジアの近隣諸国と比べても賃金が安いことから、年々増加しており、IT技術者の需要が高まっている。

この状況を踏まえ、高校を卒業して大学進学する時にIT分野を選択する学生が多く増えてきており、現在IT系は人気の職業となっている。ITと言うと、やはり理系なので、男女比は圧倒的に男性の方が多いが、徐々にだが女性の技術者も増えてきている。

IT都市ダナンがベトナムで今注目されている理由とは

しかし人気の職業になると、急激にIT系技術者を目指す学生が増えてきているので、専門学校を卒業しただけでは就職が厳しくなっている。単なるIT専門だけで簡単に就職できなく、就職できても給料があまり高くないようである。

人気の職業は基本的に給料が高いというイメージがあるベトナムですが、ことITに関する仕事の給料はと言うと、ベトナムにおける平均給料と比べると、そこまで高くなく、更に給料の振り幅が大きい。ただ優秀なIT系技術者になると、月給が2000ドルを越える場合もある。最低賃金が200ドルを切っているベトナムにおいては夢のある金額である。平均給料について、国内のIT会社は外資系のIT会社と比べて給料が低く、新卒の平均給料は200ドルくらいであるが、経験のある人は500ドルから1000ドルくらいである。一方外資系のIT会社の平均給与は1500ドルくらいである。もちろん給料が高いほど採用条件も厳しくなる。

ちなみに一流企業又は外資系のIT系企業を目指す学生さんたちは、IT技術のほかに外国語の語学力、コミュニケーション力などが必要不可欠となっている。日本以外の外資系IT系企業なら英語能力が必要であり、日系のIT系企業であれば、日本語も必要となっている。

外資系企業は給料が高いがベトナム国内企業と比べて職業環境が厳しく、残業などが多い。あまり残業をしたがらないベトナム人に対して、深夜まで仕事することはかなり厳しいと言える。外資系企業は若い技術者を多く募集している。

IT系企業に勤めたIT技術者の多くは、ある程度経験ができると、一人もしくは同じような友人を集めて独立する傾向が強い。

こういった傾向からか、ベトナム国内の一流IT企業(例えばFPT社やViettel社など)は給料が高くなっている。給与水準は、外資系企業と比べてほぼ同じレベルにある。

ベトナム人の転職について、その1

ベトナム人は真面目で、勤勉とよく言われる。そのため、会社選びに関しても、真面目なベトナム人は同じ会社に貢献し働き続けると考える人が多い。しかし、実際のベトナム人は離職率は高く、労働現況の調査によると1年間のベトナムの転職率は約20%にも昇る。

転職の理由は人によって様々であるが、ほとんどの理由は下記の4通りに当てはまることが多い。

①ダイナミックな環境で働きたい。

ベトナム人の平均的な考え方に、若い間はたくさんの経験をたくさんの会社でつんだほうがよいという考え方がある。転職することにより、スキルアップやキャリアアップになると考えているベトナム人が多いのが事実である。同一企業で5年から10年働いていた人も、転職する理由の多くは、新しい環境で違う業務を通してもっと学びたいといったものである。こういったことを転職理由の一つにあげるベトナム人は多く見られる。

ベトナム環境法 – 株式会社フューチャーフロント

②昇進したい。

昇進したいというのは働いていた会社に対して、与えられた役職に不満を持っていることが多い。これは小さい規模の会社で働いていた人に多く見られる考え方である。大きい規模の会社へ転職すると、今までの経験を生かして、今まで以上の役職に就けると考えている。この理由には働いていた会社よりも、もっと景気が良く、成長しそうな会社に転職することも含まれる。

③給料が能力に見合わない。

この給料が能力に見合わないという理由は、②と重なる部分がある。給料は労働者にとって欠かせない要素である。給料が社員の能力・経験に見合わないと考える人は転職する動機へと繋がる。インフレが激しいベトナムでは生活費、家族のための費用、子供の養育費・医療費などの負担に見合った給与が必要だと考えるからである。

しかし、ここ最近の傾向としては給料が低いというだけでの転職理由は減少傾向にある。つまり、複合的な理由の一つとして給料も上げたいという動機理由になっており、給料が低くてやられないといった理由だけをあげる人は、昨年に比べれば圧倒的に少なくなっている。

④勤務場所が遠い。

ベトナム人にとって勤務場所は非常に重要である。製造業の場合は市内から離れている工業団地に会社(工場)を設立する企業が多く、郊外の勤務場所は距離がある為、市内の企業へ転職する傾向がある。通勤送迎がある場合であっても、朝早く起きなければならないことや、通勤時間が長く、また通勤ラッシュに捕まるなどの問題が生じる。通勤送迎がない場合、労働者は工場付近に住む必要があり、家族を大切るにする実家住まいのベトナム人とっては大きな問題である。この理由は、結婚や妊娠、育児など勤務している間に生活環境が変わりやすい女性に多い理由である。

Copyright ベトナムへ帰ってきた男のブログ 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner