ベトナム人の転職について、その2

ベトナム人は一般的に勉強熱心だと言われているのですが、一方では若者の転職率の多さが問題となっているのも事実です。なぜ、ベトナム人の若者は一生懸命勉強し就職したのに、会社に入ってから1年間、2年間、3年間くらい転職してしまうのか?

ベトナム人の若者たちは会社を選ぶ際に最も重視していることがある。それは「給料」であり、続いて「会社の職場環境」と「自分のスキルを活かせること」である。大学を卒業してから、どうしても就職しないといけないため自分が納得していない会社に入社する大学新卒者が多いようである。こういった背景から、もっといい給料、もっといい職場環境の会社が見つかったら転職しようと考え始め、最終的には退職し転職してしまうのである。また自分のキャリアや将来のために転職した方が良いと思っている若者たちが多いのも事実である。

ベトナム生活・観光情報ナビ[ベトナビ] – ベトナムで会社を設立する方法(概要編)

ベトナム人の若者は会社に対して福利厚生を求めている割合が多い。

1度でも転職経験のある74%の20代男女の中で、3回以上の転職を経験している人が26%と高い割合を占めている。また、自分のキャリアや将来のために「転職した方が良い」と思っているベトナム人は全体の40%に上り、日本人の25%を大きく上回る結果となった。

転職理由について、最も多かった回答が「給料の低さ(47%)」である。続いて「仕事内容とキャリアのギャップ(24%)」となっている。

他にも日本と違った理由として、日本人に比べて顕著に割合が高かった項目は、「社員旅行などの福利厚生(21%)」で、社員旅行などの会社イベントが社員を定着させるために効果的であることを裏付ける結果となった。

ちなみに在ベトナムの日系企業は、社員旅行や会社イベントを充実させているところが多くある。

日系企業のイメージは「仕事熱心」、「高給」、「質が高い」

このアンケートでは外資企業で働きたいかどうかについても調査している。

全体の69%が「働きたい」と回答。

日系企業のイメージについては56%が「仕事熱心」と回答した。また、「質が高い(52%)」といったイメージも強く、プラスなイメージを持つ人が多かった。一方、日系企業と比べて米国系企業は「高給(60%)」や「昇進の機会が多い(45%)」というイメージが強く、韓国系の企業では日系企業や米国系企業に比べていずれも低い数字となっており、韓国系企業に対してベトナム人の20代男女は明確なイメージを持つ人が少ないという結果になった。

ベトナム人の転職について、その1

ベトナム人は真面目で、勤勉とよく言われる。そのため、会社選びに関しても、真面目なベトナム人は同じ会社に貢献し働き続けると考える人が多い。しかし、実際のベトナム人は離職率は高く、労働現況の調査によると1年間のベトナムの転職率は約20%にも昇る。

転職の理由は人によって様々であるが、ほとんどの理由は下記の4通りに当てはまることが多い。

①ダイナミックな環境で働きたい。

ベトナム人の平均的な考え方に、若い間はたくさんの経験をたくさんの会社でつんだほうがよいという考え方がある。転職することにより、スキルアップやキャリアアップになると考えているベトナム人が多いのが事実である。同一企業で5年から10年働いていた人も、転職する理由の多くは、新しい環境で違う業務を通してもっと学びたいといったものである。こういったことを転職理由の一つにあげるベトナム人は多く見られる。

ベトナム環境法 – 株式会社フューチャーフロント

②昇進したい。

昇進したいというのは働いていた会社に対して、与えられた役職に不満を持っていることが多い。これは小さい規模の会社で働いていた人に多く見られる考え方である。大きい規模の会社へ転職すると、今までの経験を生かして、今まで以上の役職に就けると考えている。この理由には働いていた会社よりも、もっと景気が良く、成長しそうな会社に転職することも含まれる。

③給料が能力に見合わない。

この給料が能力に見合わないという理由は、②と重なる部分がある。給料は労働者にとって欠かせない要素である。給料が社員の能力・経験に見合わないと考える人は転職する動機へと繋がる。インフレが激しいベトナムでは生活費、家族のための費用、子供の養育費・医療費などの負担に見合った給与が必要だと考えるからである。

しかし、ここ最近の傾向としては給料が低いというだけでの転職理由は減少傾向にある。つまり、複合的な理由の一つとして給料も上げたいという動機理由になっており、給料が低くてやられないといった理由だけをあげる人は、昨年に比べれば圧倒的に少なくなっている。

④勤務場所が遠い。

ベトナム人にとって勤務場所は非常に重要である。製造業の場合は市内から離れている工業団地に会社(工場)を設立する企業が多く、郊外の勤務場所は距離がある為、市内の企業へ転職する傾向がある。通勤送迎がある場合であっても、朝早く起きなければならないことや、通勤時間が長く、また通勤ラッシュに捕まるなどの問題が生じる。通勤送迎がない場合、労働者は工場付近に住む必要があり、家族を大切るにする実家住まいのベトナム人とっては大きな問題である。この理由は、結婚や妊娠、育児など勤務している間に生活環境が変わりやすい女性に多い理由である。

Copyright ベトナムへ帰ってきた男のブログ 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner