ベトナムでは残業ほとんどなし

09

ベトナムでは、残業をほぼしない。特にオフィスだとその傾向が強いようだ。

18時終業だと、18時30分にはオフィスにはベトナム人スタッフが誰も残っていないということが一般的である。ましてやこれが土日出勤とかになると理解できないようである。仕事や会社勤めに対する意識は欧米系の発想と近いものがある。

従い、最近日本でも減ってきてはいるようだが、残業や土日出勤当たり前となっている日系企業にとってはこの感覚を理解するまでに非常に時間がかかるようである。ベトナム人のこのような感覚は、社会主義国家であることも一因のようだ。

なぜ残業や土日出勤をベトナム人が嫌うのか?

ベトナムでは、民間企業が登場したのはドイモイ政策が導入された1985年以降であり、それまではベトナム人就く職業といえば公務員もしくは商店主か農民であった。企業に勤める「サラリーマン」という労働形態は、本当にここ最近の20年間くらいである。

ベトナム人材紹介 日本人求人情報を確認してみよう

そのため、特に年配のベトナム人にとっては、サラリーマン自体がよく分からないようである。仕事が終わって、夕食までには帰るのは当たり前のことであり、残業とか土日出勤なんかするはずないと考えているからである

次の理由は、ベトナム人の生活スタイルである。一般的に、夜7時には家族そろって夕食を開始し、その後は一家団欒といったことも理由にあげられる。

またベトナムでは、女性は結婚し子供が出来ても仕事を続けることがほとんどである。会社を終わると子供を学校へ迎えに行き、夕食を作ることなどで残業が出来ない状況である。

ベトナム人にとっても人生の中で最も重要なものは明らかに「家族」である。そのため、家庭の事情があれば、それは仕事よりも優先されるべきものと考えるのがこの国では普通である。また家庭によっては、夕飯までに帰らないと「貴方は家族を愛してないの?」と奥さんから叱られると聞いたこともある。また、比較的新しい就職口を探しやすいのも一因かもしれない。

更に、法律的には企業に対して時間外労働が厳しくされている。時間外労働は、最長1日の勤務時間の50%を超えることはできない。例えば8時間労働の場合は、1日4時間までが可能な残業となる。また、1カ月で30時間、年間200時間以下でなければならない。時間外労働をさせた場合には、会社は労働者に対して通常の賃金に加え割増賃金を支払わなければならない。時間外労働の対価として、支払う割増賃金は高額であり、通常の労働日の150%で、週休日の場合だと200%で、法定祝日及び有給休暇中の労働は300%となっている。残業などの勤務時間外の労働に対する手当ては高く、企業の負担になってしまうため、各企業では残業なしを前提で、効率的なオペレーションが求められる。

 

ベトナムIT職業について

08

他の東南アジア諸国と同様に、ベトナムは国策でIT産業を振興しており、近年、ハノイ及びホーチミン市で多くのIT系の会社が設立されている。またダナンにはIT系企業を集めたソフトウェパークなるものが作られた。

ベトナムにあるIT系企業の多くは、ベトナム国内の業務及び日本又は欧米からのオフショア開発の仕事を受けている。こういった企業は東南アジアの近隣諸国と比べても賃金が安いことから、年々増加しており、IT技術者の需要が高まっている。

この状況を踏まえ、高校を卒業して大学進学する時にIT分野を選択する学生が多く増えてきており、現在IT系は人気の職業となっている。ITと言うと、やはり理系なので、男女比は圧倒的に男性の方が多いが、徐々にだが女性の技術者も増えてきている。

IT都市ダナンがベトナムで今注目されている理由とは

しかし人気の職業になると、急激にIT系技術者を目指す学生が増えてきているので、専門学校を卒業しただけでは就職が厳しくなっている。単なるIT専門だけで簡単に就職できなく、就職できても給料があまり高くないようである。

人気の職業は基本的に給料が高いというイメージがあるベトナムですが、ことITに関する仕事の給料はと言うと、ベトナムにおける平均給料と比べると、そこまで高くなく、更に給料の振り幅が大きい。ただ優秀なIT系技術者になると、月給が2000ドルを越える場合もある。最低賃金が200ドルを切っているベトナムにおいては夢のある金額である。平均給料について、国内のIT会社は外資系のIT会社と比べて給料が低く、新卒の平均給料は200ドルくらいであるが、経験のある人は500ドルから1000ドルくらいである。一方外資系のIT会社の平均給与は1500ドルくらいである。もちろん給料が高いほど採用条件も厳しくなる。

ちなみに一流企業又は外資系のIT系企業を目指す学生さんたちは、IT技術のほかに外国語の語学力、コミュニケーション力などが必要不可欠となっている。日本以外の外資系IT系企業なら英語能力が必要であり、日系のIT系企業であれば、日本語も必要となっている。

外資系企業は給料が高いがベトナム国内企業と比べて職業環境が厳しく、残業などが多い。あまり残業をしたがらないベトナム人に対して、深夜まで仕事することはかなり厳しいと言える。外資系企業は若い技術者を多く募集している。

IT系企業に勤めたIT技術者の多くは、ある程度経験ができると、一人もしくは同じような友人を集めて独立する傾向が強い。

こういった傾向からか、ベトナム国内の一流IT企業(例えばFPT社やViettel社など)は給料が高くなっている。給与水準は、外資系企業と比べてほぼ同じレベルにある。

ベトナムにおける就職状況

07

ベトナムでは、多くの大学生の就職活動というのは大学を卒業してから開始することが多い。大学卒業証明書を取得しないと、就職書類が提出できないが理由となっている。そのため、大学卒業してから無駄な時間をしないように早めに就職先を見付けるようにする。就職サイトに登録し、新聞の求人欄を確認する。そして、企業に履歴書を送り、就職先の試験を受ける。企業の採用条件などにより、就職をしながら語学や仕事に必要な知識・資格などを勉強する。また卒業前にインターンシップとして、就職したい会社や就職したい会社と同業種の会社で働くこともある。

こういった学生が多いものの、実際は高い経済成長率を誇るベトナムであっても、高学歴の若者たちがその知識や資格を生かし、自ら納得する”より良い職”を見付けるのはそう簡単ではないようである。

ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!

現在、若年人口が多く、高学歴化がさらに進み、更にここに来て景気低迷で企業の採用人数が減少し、就職状況が厳しくなっている。良い大学を出ても、就職先が見つからない学生が徐々に増えてきている。せっかく高等教育機関や大学教育を受けたにもかかわらず、現実のベトナム人若者たちは、日々より良い就職先を求めて必死のようである。

ベトナムにおいて、大学及び勤務地と言うと首都であるハノイか経済的な中心地であるホーチミンになることが多い。そのため、地方からハノイやホーチミンという都会に来た学生たちは大学を卒業してから地元に戻らず、大学のあるハノイかホーチミン市で仕事を必死に探すことになる。もちろん、ハノイ又はホーチミン市における企業、特に外資系企業は地方における企業より給料が高く、昇進チャンスがあるのも大学を卒業した若者が地方である地元に帰らない理由になっている。

ハノイ又はホーチミン市にある大学の学生と比べて、地方の大学を卒業した学生の就職状況は厳しいようである。一つは地方には若者が働きたくなるような給料の高い仕事はないため、ハノイやホーチミンへ来て就職活動を始める人が多い。

優秀な成績を修めて大学を卒業している学生なら大学又は教授からの紹介があるので仕事を見つけやすいが、それ以外の大多数の若者は自分自身の力で企業を探し応募しないといけない。また大学を卒業したため、親に面倒をかけないようにと、多くの地方大学出身の若者は飲食店や家庭教師などのアルバイトをしながら就職活動をしている。

一方、ハノイかホーチミン市の大学出身の学生は経済的な面がある程度余裕があ流ことが多い。また親からの知り合いで仕事の紹介などもあるため、仕事が見つらないと大学院に進学することもある。

就職は大変だが、明るい未来に向けてベトナムの若者たちは一生懸命に頑張っている。

ベトナム人の転職について、その2

06

ベトナム人は一般的に勉強熱心だと言われているのですが、一方では若者の転職率の多さが問題となっているのも事実です。なぜ、ベトナム人の若者は一生懸命勉強し就職したのに、会社に入ってから1年間、2年間、3年間くらい転職してしまうのか?

ベトナム人の若者たちは会社を選ぶ際に最も重視していることがある。それは「給料」であり、続いて「会社の職場環境」と「自分のスキルを活かせること」である。大学を卒業してから、どうしても就職しないといけないため自分が納得していない会社に入社する大学新卒者が多いようである。こういった背景から、もっといい給料、もっといい職場環境の会社が見つかったら転職しようと考え始め、最終的には退職し転職してしまうのである。また自分のキャリアや将来のために転職した方が良いと思っている若者たちが多いのも事実である。

ベトナム生活・観光情報ナビ[ベトナビ] – ベトナムで会社を設立する方法(概要編)

ベトナム人の若者は会社に対して福利厚生を求めている割合が多い。

1度でも転職経験のある74%の20代男女の中で、3回以上の転職を経験している人が26%と高い割合を占めている。また、自分のキャリアや将来のために「転職した方が良い」と思っているベトナム人は全体の40%に上り、日本人の25%を大きく上回る結果となった。

転職理由について、最も多かった回答が「給料の低さ(47%)」である。続いて「仕事内容とキャリアのギャップ(24%)」となっている。

他にも日本と違った理由として、日本人に比べて顕著に割合が高かった項目は、「社員旅行などの福利厚生(21%)」で、社員旅行などの会社イベントが社員を定着させるために効果的であることを裏付ける結果となった。

ちなみに在ベトナムの日系企業は、社員旅行や会社イベントを充実させているところが多くある。

日系企業のイメージは「仕事熱心」、「高給」、「質が高い」

このアンケートでは外資企業で働きたいかどうかについても調査している。

全体の69%が「働きたい」と回答。

日系企業のイメージについては56%が「仕事熱心」と回答した。また、「質が高い(52%)」といったイメージも強く、プラスなイメージを持つ人が多かった。一方、日系企業と比べて米国系企業は「高給(60%)」や「昇進の機会が多い(45%)」というイメージが強く、韓国系の企業では日系企業や米国系企業に比べていずれも低い数字となっており、韓国系企業に対してベトナム人の20代男女は明確なイメージを持つ人が少ないという結果になった。

ベトナム人の転職について、その1

05

ベトナム人は真面目で、勤勉とよく言われる。そのため、会社選びに関しても、真面目なベトナム人は同じ会社に貢献し働き続けると考える人が多い。しかし、実際のベトナム人は離職率は高く、労働現況の調査によると1年間のベトナムの転職率は約20%にも昇る。

転職の理由は人によって様々であるが、ほとんどの理由は下記の4通りに当てはまることが多い。

①ダイナミックな環境で働きたい。

ベトナム人の平均的な考え方に、若い間はたくさんの経験をたくさんの会社でつんだほうがよいという考え方がある。転職することにより、スキルアップやキャリアアップになると考えているベトナム人が多いのが事実である。同一企業で5年から10年働いていた人も、転職する理由の多くは、新しい環境で違う業務を通してもっと学びたいといったものである。こういったことを転職理由の一つにあげるベトナム人は多く見られる。

ベトナム環境法 – 株式会社フューチャーフロント

②昇進したい。

昇進したいというのは働いていた会社に対して、与えられた役職に不満を持っていることが多い。これは小さい規模の会社で働いていた人に多く見られる考え方である。大きい規模の会社へ転職すると、今までの経験を生かして、今まで以上の役職に就けると考えている。この理由には働いていた会社よりも、もっと景気が良く、成長しそうな会社に転職することも含まれる。

③給料が能力に見合わない。

この給料が能力に見合わないという理由は、②と重なる部分がある。給料は労働者にとって欠かせない要素である。給料が社員の能力・経験に見合わないと考える人は転職する動機へと繋がる。インフレが激しいベトナムでは生活費、家族のための費用、子供の養育費・医療費などの負担に見合った給与が必要だと考えるからである。

しかし、ここ最近の傾向としては給料が低いというだけでの転職理由は減少傾向にある。つまり、複合的な理由の一つとして給料も上げたいという動機理由になっており、給料が低くてやられないといった理由だけをあげる人は、昨年に比べれば圧倒的に少なくなっている。

④勤務場所が遠い。

ベトナム人にとって勤務場所は非常に重要である。製造業の場合は市内から離れている工業団地に会社(工場)を設立する企業が多く、郊外の勤務場所は距離がある為、市内の企業へ転職する傾向がある。通勤送迎がある場合であっても、朝早く起きなければならないことや、通勤時間が長く、また通勤ラッシュに捕まるなどの問題が生じる。通勤送迎がない場合、労働者は工場付近に住む必要があり、家族を大切るにする実家住まいのベトナム人とっては大きな問題である。この理由は、結婚や妊娠、育児など勤務している間に生活環境が変わりやすい女性に多い理由である。

ベトナム人に人気の職種

02

以前にも述べましたが、ベトナムでは、大学新卒就職率は約80%ということです。その約80%の大学新卒者は、どんな職業を選ぶのか?どんな職種が人気があるのか?その辺を書いていく。

ある求人求職サイトにおけるベトナムの2014年オンライン人材市場調査によると、ベトナム人に人気がある職種のトップ5は、上から販売・営業、会計・監査、総務・秘書、マーケティング、人事である。

但し、この人気職種は、人材供給量(応募者と就業者の量)の高い順となっていることに注意したい。

①会計・監査

会計・監査職の人材供給量は人材需要量よりも多い。2014年8月の平均応募比率は133.5 候補者/仕事となる。会計・監査といった仕事は企業に欠かせないポジションであり、安定して良い給料をもらえる点が人気です。しかし、採用されるのは経験年数が長い人が多いため、大学新卒者には人気があっても新卒採用には狭き門である。

ベトナムにおける会計監査制度 YENLAND

②販売・営業

人材供給量の10.9%を占める販売・営業職は、企業からの人材需要量も多く、採用活動がもっとも盛んである。特殊な製品・サービスを扱う場合を除いて、人材に求める要素はコミュニケーション能力と活発な性格である。そのため、新卒労働者や若者を対象とした求人募集が多いため、トップ5に位置づけられている。

 

③総務・秘書

総務・秘書は女性からの人気が最も高い職種である。平均応募比率は123.5候補者/仕事である。ある企業では総務・秘書ポジションに1025候補者が応募したことがあるそうです。総務・秘書は几帳面な人材が求められ、また、終日オフィス仕事であるから女性において、とても人気を誇っている。

④マーケティング

人材需要量の割に供給量が追いついていない職種である。ベトナムの経済成長に伴い需要が年々伸びており、2014年の人材供給量は前年比167%、人材需要量は前年比178%でる。まだまだ、これからも伸びていくことが予想される職種である。

⑤人事

各企業・組織の採用・社員育成において大事な役割を果たす職種であるが、最近は人材需要量があまり多くない。しかし、2014年8月の平均応募比率は112.4候補者/仕事で、高い比率になっている。

上記の職業の他、最近ベトナム人は「コンサルティング」関連職業に人気がある。設備投資がなく、楽しくて売り上げをとり、なおかつ利益率が多い業種というイメージがあるからだ。日本ではリーマンショック以降相次いでコンサル業が倒産したが、ベトナムでは今がブームとなっている。

外資系企業で働く場合

04

ベトナム人の国立大学新卒の給与水準は300ドルから500ドルである。英語や日本語などの外国語を駆使する職業でもせいぜい400ドルから700ドルとなっている。30歳前後の場合は700ドルから1200ドル程度となっている。しかし、これらの給与はあくまでも国立大学卒業者に限定したものです。また都市部(ホーチミンやハノイ)に限られたことである。国立大学以外の大学卒業者だったり、大学を卒業していない方だったりすると、これらの給与水準より遥かに下回ることが多い。

ベトナムの大学一覧

また都市部郊外の工場のワーカークラスになると、最低賃金約170ドルを下回ることもある。

しかし、世界的に見ても給与水準が低いながらもダイナミックに発展するベトナム(ホーチミン・ハノイ)には非常に多くの日本企業および外資系企業が進出している。

中心となるのが製造業である。それ以外に商社、IT業、物流、サービス業など多種多様な企業がある。ただ、金融、不動産業に関しては、外資規制が厳しく外国の企業が参入するのが難しくなっており、進出する企業はまだまだ少ない傾向である。

ベトナムで求められる人材

現在、一番求められているのは製造業の営業職である。5年程前まではコスト削減の為だけにベトナムに工場を構えていた外資系企業でしたが、国が豊かになってき始めたベトナム国内を消費マーケットとしてとらえ、製造のみだけでなくローカル対象の販売にも力を入れ始めました。

特にバイク、自動車、白物家電は日系メーカーが圧倒的な人気を誇っている。仕事内容は、現地の日系企業を中心にローカル企業、外資系企業などを含めてルートセールスを行い、製品を販売する仕事である。日本語での商談がメインになるが、ベトナム人やその他の国の人とは英語もしくはベトナム語で商談するケースもある。また、同じく製造業での現場でベトナム人スタッフの管理業務の仕事も多くある。

次いで多いのがIT業である。他の東南アジア諸国と比べて、ベトナムのIT業はかなり盛んでいる。ベトナム人が、この業種に就くためには、ITシステム関係の学部を卒業している必要があり、業務は英語の場合が多いため、一緒に働く日本人にも英語力が必要である。

求人の件数は、企業数の多さから、ホーチミンが多いが、ハノイにもそれなりの数がある。

語学に関する要件は他の東南アジア国と比べて低い傾向があり、ベトナムで仕事する場合、業務上最低限必要な事を英語で伝えられれば大丈夫であり、TOEICでの目安は600点以上である。

求職者募集のある年齢層は、どの国でも同じ。20代後半から30代前半の募集が一番多く、次いで、新卒・第二新卒の20代前半、30代後半以上のハイスペック人材となっている。

女性・ベトナムへの就職

01

東南アジア(ASEAN)と同じく、ベトナムでは、多くの女性達が働いており、いろいろな場所でベトナム社会の大きな役割を担っている。

その理由は下記のようになる。

家族全員で子育てする文化

ベトナム人の女性は、日本人の女性と違って、結婚・出産を経験してもほとんどの女性が仕事を辞めずに働き続ける。

産前に休暇をとることは「欠勤扱い」となり、給料が減額されますが、産後の4ヶ月~6ヶ月は、給料が保障される休暇を取ることが可能である。そのため、出産ギリギリまで働き、給料が保障された産後の休暇が終わると、すぐに職場に復帰する女性がほとんどである。

☆国際結婚☆ベトナム☆ハノイ生活☆

そんな状況でもベトナム人女性が育児をしながら働き続けられるのには、家族との結び付きが非常に強いためだと考えられる。ベトナムには日本のような核家族は、あまり多くないという社会背景がある。

ベトナムは、血縁や地縁をものすごく大切にする傾向にあり、「仕事よりも家族」という風潮がある。0歳児を預かってくれる保育施設がほぼないなど、育児に対する政府や行政からの支援は十分ではないものの、一緒に住む祖父母や近所の人からのサポートによって働く女性の子育てが成り立っているようである。更に、最近ベビーシッターの利用が流行っていることも頷けます。

ベトナム人の女性において「仕事と子育ての両立」はどうかというと、これは全く問題になっていない。

働くのは当たり前という意識

日本と大きく異なるところは、ベトナムが社会主義国家であるということである。労働は国民全体の義務となっていることから、男女ともに国民全員が「働く」という意識が根付いているのである。

そのため、日本のような「家事・育児は女性の仕事」というような固定概念はなく、血縁や地縁に頼れない場合は、ベビーシッターやヘルパーを雇うのは当たり前のこととなっている。

日本で働く女性とベトナムで働く女性の背景には、それぞれの国の文化の差があります。ベトナムにおいて、ベトナムの「働く」という文化や血縁・地縁の援助があるという背景から、女性の社会進出に大きな影響を及ぼしていることである。

これらをまとめると、ベトナムの女性が働く社会的な図式は、日本よりも働く女性に寛容という図式というよりは、「働くことが当たり前の社会」が国を含めて文化的にも形成されているようである。

将来のワークライフバランスに悩む女性は、ベトナムでの就職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ベトナム人女性は、よく働く

03

ベトナムでは、ベトナム人女性は勤勉で良く働くといわれています。

一般的な会社における男女比は半数もしくは半数以上が女性で、中でも女性が多い会社になると男女比は95%くらいになることもある。そのうち30%~40%は結婚して子供を産んでいる女性も含まれる。さらに、ほとんどのベトナム人女性はフルタイムで働いている。日本では女性は結婚して子供ができたらほとんどの人が会社を辞めて、また子供が少し大きくなればパートなどに出るというのが一般的に多いのではないだろうか。

このように女性の社会進出が進んでいるベトナムでは、女性が社会的な要職に就く割合は高い。例えば、ベトナムの女性国会議員の割合は26%(この割合は、日本よりも多く。ちなみに日本は半数にも満たない約12%である)、会社役員や管理職に就くベトナム人女性の割合は22%、ベトナム人女性のうち、専門職や技術職についている割合は51%となっている。また、男性と比較した女性の収入比は69%となっており、ベトナム人女性が家計においても重要な役割を占めていることがわかる。

ベトナム人女性は彼女におすすめ。付き合うべき5つの理由

では、ベトナムの社会がそれほど女性に働きやすい環境か?

産休は最大6ヶ月で、民間企業になると、この産休はもっと少ないようである。また、育休制度もない。日本と比べても、育児においては、かなり厳しいと思われる働く環境である。

それなのに、こんなにも既婚女性が働いているのはなぜだろう?

  1. ベトナム人女性の活躍はベトナムの歴史的、文化的な背景にも関係があり、女性も家庭を守るという考えが強い。このことから働くのが当たり前という考えである。
  2. 核家族が少ない。両親と住んでいることが多く、家事や子育てを手伝ってもらえることによって、安心して仕事ができる。
  3. ベビーシッターさん及びお手伝いさんを利用する考えが浸透している。

日本では、あまり耳にすることもないですし使われていることも聞きませんが、ベトナムでは中級階層の家になるとベビーシッターを利用する家庭が多い。ベビーシッターを利用し、奥さんも社会的に独立しており、旦那さん、子供とも、とてもいい関係を築いているのをよく見られる。

このように社会で活躍し、収入も多いベトナム人女性はお洒落なことでも有名である。実際、ベトナム人女性会社員(OL)の中には、月収の10%~20%を美容関係(スパやエステ、化粧品など)につぎ込む例も多く見られる。そのためか、街中には女性向けの美容関連ショップが多い。

大学生から社会人へ(ベトナム就職の状況)

00

ベトナムにおける大学生の就職について説明していきます。2010年の統計データによると、大学新卒での就職率は約80%ということである。

ところで、この就職できなかった残りの約20%は、その後どうなるのだろうか。

ベトナム人学生にヒアリング調査結果によると、半数の学生が大学院へ進学し、残る半数の学生がアルバイトをしながら就職活動をするということである。
ベトナムにおける就職活動は、日本の就職活動と同じ形式ではない。

MAIインターナショナル ベトナム市場調査

基本的には、大学生の間は勉強し、卒業してから仕事を探す。

もっとも例外はあるものであり、在学中に日本の就職活動と同じようなことをしている事例もあるし、大学に籍だけ置いた状態にしてフルタイムに近い労働(インターンシップなど)を行いつつ、転職活動をしているという事例もある。
ベトナムの学生は、どのようにして就職すべき会社を見つけるのだろうか、次のように説明する。
1.大学の紹介・当大学への就職
優秀な学生は大学の学生課から企業に紹介または、当大学で採用することが多い。しかし、これはトップの学生のみが対象で、全学生の1%から2%くらいである。
2.教授の紹介
理系の学生の1%程度はこの方法で就職するが、理系の学生は学生全体の40%なので、全学生になると約4%がこの方法ということになる。
3.試験(公務員試験や資格試験など)
国営企業や外国企業はこの方法を求めるため、学生は試験のスコアを取るのに熱心である。
なぜなら、コネで就職先を紹介されたとしても、学歴や外国語能力や資格試験のスコアでスクリーニングされるからである。
外国に留学した学生は外国企業の就職は比較的に試験を通りやすい。語学の得意と外国に住んでいる多文化の経験によりいい企業に就職出来る。そのため、高校卒業後、留学する学生の数が増加傾向にある。

4.インターン
大学3年生から4年生のころに学生課の紹介より、学生の全員がインターンシップを行う。学生の希望により適切な企業を紹介する。ただし、インターンシップと就職は全く関係がない。
インターン先の企業に就職したい場合、その企業の採用状況を確認し、インターン期間中に自分の希望動機や能力を熱心にPRする必要がある。
4.コネ
学生の約25%ぐらいはこれにより就職するようである。ただし、この場合のコネとは、友人の紹介も入る。能力がない学生は入れないため、会社に入る前に、語学力や基礎的な機能を学習する必要がある。

Copyright ベトナムへ帰ってきた男のブログ 2016