ベトナムで転職して一年以上経ってわかったこと。

更新するのを一年くらいサボっていたのですが、このブログのアクセスが最近増えているようで驚いています。
アクセスしていたただいている人のキーワードで多いのが「ベトナム 就職」です。ベトナムで就職する前に読まれているのか、転職先が決まってから読まれているのかは定かではありませんが。ベトナムで暮らしていて日本人に会う機会が結構増えてきました。

特に、ここ一年くらいで現地採用として働く人が急激に増えているように感じます。日本人が集まる場所へ頻繁にいくタイプではないのですが、毎月参加している会が2つあります。そこでは毎月のように知らない顔の人が二人、三人と増えています。
三水会(ホーチミンで一番有名な飲み会で第三水曜日に開かれている紹介登録制でしか参加出来ない飲み会)のようにビジネス交流会のカラーが強い飲み会であれば珍しくないのですが、私が参加している飲み会はそういった会のように広く門戸が開かれている会ではありません。それなのに毎月二人か三人は新しいメンバーが参加されています。

私の勝手な想像ですが、今の日本人の働き方が変わってきているんだと思います。
つい、この前までグローバル人材と言われていましたが実感はありませんでした。勝手に国が言っていることというくらいの感覚でした。
しかし、これだけ日本人がベトナムに増えてくると、不思議と「グローバル人材」と言う言葉に違和感はなくなり、しっくりとくるようになってきました。

ただ私自身、「グローバル人材」と言われるのは好きではありません。私がベトナムに来るのは必然だったからです。

Copyright ベトナムへ帰ってきた男のブログ 2018
Tech Nerd theme designed by Siteturner