ベトナムで日本語教師になるには

前回、日本語教師に触れたこともあり”日本語教師にはどうやってなれるんですか?”という質問を頂いたので記事にしてみました。内容的には日本語教師ではなくて他の仕事も同じ部分もありますので、置き換えていただければ結構使える情報だと思います。

ベトナムを含めて海外で日本語教師になるには、大学で日本語教育に関して勉強しているか、日本語教育能力検定試験に合格しているか、日本語教師として420時間の履修講座を受けているかの3パターンになると思います。ほとんどの日本語教師の方は、後の2つのいずれかということになります。基本的には資格もしくはそれなりの能力を証明がないとなれない仕事ではあります。

これらを踏まえて日本語教師になる方法、仕事の探し方について記載していきます。

①まずは求人情報を調べる
「ベトナム 日本語教師 求人」や「ホーチミン 日本語教師 求人」などでGoogle検索をしたり、人材紹介会社のHPで日本語教師の求人がないかを調べます。この記事を書く前に調べたところ、理由はわからないものの学校が直接求人を出している求人サイトや学校のホームページよりも人材紹介会社で募集されている方が給料が少し高いように思いました。
経験上、人材紹介会社から紹介された求人で面接時に下がるということがなかったので、人材紹介会社が給料を上乗せして募集しているとは思えないのでとても不思議でした。

②求人情報の条件を見て応募する
求人情報の条件は必ず目を通す必要があります。問題なければ応募してください。
もし人材紹介会社の求人情報でしたら、応募の際に『ここ、どうにかなりませんか?』みたいな注文を入れても良いと思います。直接応募の時は言いにくい細かいことでも人材紹介会社から言って貰えば、案外OKだったりするものです。

③担当者と話す
この項目は、人材紹介会社を利用した場合のみです。
日本語教師の仕事のことだけでなく、仕事に関することなら何でも質問してみましょう。ただ、あまり時間をかけずに10分程にした方がいいでしょう。あとはメールで聞くようにすれば嫌われないと思います。

④面接をする
自分をアピールしましょう。日本語教師として働いた経験があれば、その時に何をしていたかなど(カリキュラム作成など)、あらかじめまとめておけることはまとめていた方がいいと思います。

⑤採用後にすること
人材紹介会社を利用していれば、採用の連絡は人材紹介会社より連絡がくることでしょう。そうすれば勤務開始までのフローをレクチャーしてくれます。直接応募の場合は、結構自分でしないことが多いですが、人材紹介会社であれば何でも手伝ってくれます。一通りのことが終われば、あとは日を待つだけです。

⑥勤務開始後にすること
人材紹介会社へお礼のメールもしくは連絡を入れましょう。そうすれば、生活情報などタメになる情報を教えてくれるでしょう。理由としては、一般的には勤務開始後に連絡を入れる人がいないからです。もし若い人であれば、三年か五年かわかりませんが、いつか利用することがあると思うので、これは良いイメージを持ってもらうための作戦です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright ベトナムへ帰ってきた男のブログ 2018
Tech Nerd theme designed by Siteturner